Twitter がおもしろい。

WCAN 2007 springの懇親会で、Unknown Qualityさまのyo-sukeさんに勧められて、今ウワサのTwitterを始めてみました。

どんなサービスかというと、「今、何をしているのか」というシンプルなことを伝え合って、ゆるーーくコミュニケーションをしようというサービスです。

簡単にいうと、インスタントメッセンジャー(IM)の「名前@〜」の〜部分(表示メッセージ)に書くようなことを書く、って考えればいいのかな。これらの通知はIMで受信できるので常にWebサイトを開いている必要もありません。携帯からもできます。

一応外国のサービスなのですべて英語なんですが、使ってると英語わかんなくてもなんとなく分かるようになります。詳しくは以下のリンクに詳しいです。

ちなみに自分はMicrosoft Messenger for Macしか常時起動はしておらず、iChatやSKYPEは普段は起動していないので、Twitterrificという軽いアプリケーション(Wedgetじゃないよ)を使っています。

このアプリの便利なところは、ショートカットが充実している点です。

  • Cmd + W – ウィンドウを閉じる
  • Cmd + R – 更新
  • Cmd + 2 – 選択したTweetに”@name”を使って返事する
  • Tab – メッセージ記入欄とTweetのリストを切り替える

よく使うのはこのくらい。特に「Cmd + 2」は記入ミスも防げるしすごく便利。今劇的にTwitter関連のソフトやサービスがリリースされてるので、自分にあったものを選ぶとよいと思います。

これハマると、働いてる人の生産性をおそろしく下げるキラーツールになるかと思われます。僕もしょーもないことをさえずってます(Tweet)ので、興味のある方は友達に追加してやってください。