RICOH R8 は物撮りむき

3月の終わりにRICOHのR8を購入しました。

WCAN 2008 SPRINGs-style-arts blogのおかださんに最近RICOHがいいよーと勧められたのがきっかけです。はじめは、GX100を勧められたのですが、携帯するのにはサイズが大きいことと、お財布の事情でもう少し安価でコンパクトなものを聴いたところ、このR8を勧められたというわけです。

次の日にでも実物を見に行こうかな、と思っていたらなんと懇親会で前の席だった方がR8を持っていらっしゃって(!)、懇親会のオールのカラオケで散々触らせていただいて惚れ込み、次の日名古屋駅のビックカメラで即購入しました:-) なんという偶然でしょう。

ゴツカッコイイ道具

誰かが言ってたような気がしたゴツカッコイイって言葉が合う本体に、1000万画素CCDにと28~200mmの光学7.1倍ズームを持ち、マクロは1cmまで寄れるという高機能。手ぶれ補正や顔認識などのシーン機能も搭載しています。

気になるところは、他社のコンデジと比べてピント合うのに時間がかかること。使っていればコツがわかるのでそのうち慣れますが、例えば他人に貸して自分を撮ってもらうとにピントが合ってないことが何回もありました。説明しても始めての人には難しいみたいです。[1]

また、カメラの液晶は大きくてすごくきれいですが、どうも撮った直後のプレビューが実際パソコンの画面で見るものよりどっしりと表示されるみたいです。暗いかなと思ってパソコンでみると案外ちょうどよい色だったりします。[2]

画像 : R8で撮った桜

色は、空がきれい撮れる気がします。いいね;-) サイズは他社のコンデジに比べると一回りか二回りくらい大きいですが、僕は逆にこのごつさが気に入っています。

“RICOH R8 は物撮りむき”の続きを読む

  1. というかデジカメを持っていても「シャッター半押しでピント合わせ」を知らない人がいてびっくりしました。 [back]
  2. -0.5EV、±0、+0.5EVの3種で同時に撮れるオートブラケット機能を活用するのもよいかも。 [back]