IE 7 のCSSハック


小粋空間さんの記事にて、IE7のみに適用されるハックが更新されたようです。ご注意ください。

各ブラウザのCSSの解釈の違い(バグ)を補正するために、そのCSSのバグを逆手にとって、特定のブラウザに意図したデザインを表示させる裏技(?)である、俗にいう「CSSハック。」

そんなCSSハックは、CSSの記述としては正しくないものもあるため、あまり使わないほうがよいというのが一般的です。(どこまでをCSSハックというのか判断しにくいですが・・・)

しかし最もシェアが高く最もバグが多いブラウザが、ご存知Internet Fucking Explorer。使いたくないと言いつつもCSSハックの利用が必須とならざるを得ないという、皮肉な現状があります。

仕事で利用する機会も多いことので、備忘録としてまとめてみました。

BLOG × WORLD ENDINGさんの記事では、このCSSハックがきれいにまとめられています。

この、CSSバグの宝庫、「真のWEBのお荷物」ことInternet Fucking Explorer 6のメジャーアップデート版、IE7の日本版が先日リリースされ、バグがどこまで修正されたのか、Webクリエイターたちは戦々恐々です。

僕もIE7をインストールしていじってみたんですが、早速IE6とも違うバグがあったので、この解決法を続きにちょこっと紹介してみます。

“IE 7 のCSSハック” の続きを読む

blockquote に padding-bottom

実は少し前からこのブログで書いた記事をよりちゃんとしたマークアップされた文章にするべく、sbの保存設定を「そのまま」にして段落ごとに<p>や<ul>、<dl>などですべて修正していました。
(「自動改行」では<br />が連続したり、余計なところにもはいってしまうので・・・)

その修正中に見つけたんですが、IEにおいて<blockquote>の中の文章に<p>や<ul>などを入れると、その後のコンテンツが左にずれ込んでいくという事態が起きました。・゚・(ノД`)・゚・。

なんかブロック要素を入れるとダメらしかったので、とりあえずblockquoteの中の最後をインライン要素で終わらせるようにして回避していたんですが、このバグについて言及されている記事を発見したので、メモしておきます。

“blockquote に padding-bottom” の続きを読む