RICOH R8 は物撮りむき

3月の終わりにRICOHのR8を購入しました。

WCAN 2008 SPRINGs-style-arts blogのおかださんに最近RICOHがいいよーと勧められたのがきっかけです。はじめは、GX100を勧められたのですが、携帯するのにはサイズが大きいことと、お財布の事情でもう少し安価でコンパクトなものを聴いたところ、このR8を勧められたというわけです。

次の日にでも実物を見に行こうかな、と思っていたらなんと懇親会で前の席だった方がR8を持っていらっしゃって(!)、懇親会のオールのカラオケで散々触らせていただいて惚れ込み、次の日名古屋駅のビックカメラで即購入しました:-) なんという偶然でしょう。

ゴツカッコイイ道具

誰かが言ってたような気がしたゴツカッコイイって言葉が合う本体に、1000万画素CCDにと28~200mmの光学7.1倍ズームを持ち、マクロは1cmまで寄れるという高機能。手ぶれ補正や顔認識などのシーン機能も搭載しています。

気になるところは、他社のコンデジと比べてピント合うのに時間がかかること。使っていればコツがわかるのでそのうち慣れますが、例えば他人に貸して自分を撮ってもらうとにピントが合ってないことが何回もありました。説明しても始めての人には難しいみたいです。[1]

また、カメラの液晶は大きくてすごくきれいですが、どうも撮った直後のプレビューが実際パソコンの画面で見るものよりどっしりと表示されるみたいです。暗いかなと思ってパソコンでみると案外ちょうどよい色だったりします。[2]

画像 : R8で撮った桜

色は、空がきれい撮れる気がします。いいね;-) サイズは他社のコンデジに比べると一回りか二回りくらい大きいですが、僕は逆にこのごつさが気に入っています。

“RICOH R8 は物撮りむき” の続きを読む

  1. というかデジカメを持っていても「シャッター半押しでピント合わせ」を知らない人がいてびっくりしました。 [back]
  2. -0.5EV、±0、+0.5EVの3種で同時に撮れるオートブラケット機能を活用するのもよいかも。 [back]

MONDAINE 腕時計

画像 : MONDAINE

A667.30308.14SBBMondaine Watch Ltd

最近ほしい腕時計その1「MONDAINE」。スイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチということで、赤色の秒針が特徴的で、時計板は視認性に優れている腕時計です。

シンプルなデザインなのに存在感があってなんかカッコいいです。確かに言われてみれば鉄道駅にありそうですね。

モンディーン「スイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチ」は、同クロックのコンセプトを忠実に再現した腕時計であり、その視認性の高さとシンプルで完成されたデザインは、誕生以来15年以上が経過した現在も世界中でロングセラーを記録しています。

輸入代理店?が複数あるのか、ネットの紹介WEBサイトが複数あってちょっと迷いました。お店は時計売り場にもありますが、雑貨店や文房具店でもよく見ました。ぐおー、ほしい。

ちなみにこれは「モンディーン」と読みます。ローマ字で「モンダイネー」ではありませんよ。(実は始めそう呼んでいたのはナイショ;-p)

夢覚まし

画像 : CZ-135

「美しいカデン」を作りだしているデザイン家電の「amadana」ブランドから、目覚まし時計CZ-135が2006/9/1に発売します!

キャッチコピーは「夢覚まし。」アラーム音じゃなくて、スヌーズによってスローテンポからアップテンポなオリジナルサウンド3曲が順に流れるそうです。ホワイトとブラックの2色で、amadanaらしく無駄をそぎ落としたシンプルで美しいデザインです。しかも、

文字盤に直接数字を羅列するのではなく、正面に厚さ5mmのガラスを置き、その内部に特殊レーザーで彫刻を施しました。

だってさ!目覚まし時計としての実用性だけでなく、デザイン家電としての美しさを兼ね備えた時計ですな。お値段もやっぱりデザイン家電ですが。汗

そういえば今月の13日誕生日だったんだよな~。誰か9月1日あたりに思い出してこれプレゼントしてくれないかなぁ。

GLOBAL な包丁

画像 : GLOBAL 包丁

引越ししてキッチンが広くなったので、前から普通のサイズの包丁より小さいものが欲しかったんです。そしてついに買っちゃった。GLOBALのぺティナイフです。

刀から柄までオールステンレスの一体構造という美しいデザイン。1本5250円と結構迷う値段だったんだけど・・・料理はカタチから。ってことで思い切って注文して本日ついに届きました!

俺は今まで何で切ってたんだってほど切れる切れる。トマトがさっくさく切れる。一緒にまな板まで切っちゃいそうなくらい切れちゃいます!(ヲイ

刀の大きさも握り具合もちょうどいいし、こりゃあ買ってよかったです。種類も豊富にあるので、この切れる快感を味わいたい方はぜひ使ってみてください。笑

ところで、このGLOBALの名称を聞くと海外のブランドかと思われるかもしれませんが、吉田金属工業株式会社という暦とした日本製の包丁。もちろんGLOBALという名称だけあって、世界をねらったシリーズだという意気込みが感じられます。

「イタリアのデザイン、ドイツの堅牢、日本の精密、この3要素を併せ持つ製品」それがGLOBALの発想でした。

GLOBAL YOSHIKIN」のキーワードでGoogle.comで検索してみると、約44,200ページもヒットします。
このような機能性とデザインを兼ね備えた日本製のモノが世界で注目されているのはとても誇らしいことですよね。

陶器な加湿器 ?

画像 : ±0 - Humidifier

GOOD DESIGN AWARD 2005 金賞を受賞した「加湿器」
でも、これはじめてみれば思うように加湿器っぽくないですよね?
第一どこにタンクあるの??って自分は思いました。

でもちゃんとした加湿器なんです。

家庭やオフィスだけでなく、ギャラリー・美術館でも湿度をコントロールするために、加湿器は使われます。空気に潤いを与える水滴のような艶やかで清潔でやさしい形は、部屋で静かに湿度を調節します。どんな空間にも溶け込み、使っているときも使っていないときもきれいな加湿器です。

今日ついに東急ハンズで実物を見たんですが、これがなんとも美しい。
陶器、じゃなかった、加湿器なんだけど、加湿器ってレベルじゃない芸術性あふれた陶器加湿器です。(要約 : 加湿器です。)

ほしい、けどさすがにこんなオサレなものはもっとオトナになってから。笑
てか最近何かとお金がひらひらと飛んでいくので余裕ないです。・゚・(ノД`)・゚・。
あ、でも財布は重いよ。レシートとかポイントカードでね。

いつかはほしいぞ、ってことでメモ。