CSS Nite LP, Disc 3 -Coder’s High- レポート

画像 : CSS Nite LP, Disc.3

今からやりますCSS Nite LP, Disk 3 -Coder’s High-。今回もMacを持ち込んでるので書けるだけライブで書きます。しかも今回も電源の近くの席をゲットしたからバッテリ切れはないんだぜ!

かなり長いです><

“CSS Nite LP, Disc 3 -Coder’s High- レポート” の続きを読む

CSS プロパティの記述順を考える

今までずっとやろうと思っていて怠けていた「CSSをきちんと書くこと」ですが、Web制作会社で働かせてもらった関係もあって最近自分のCSSの記述を見直しています。今さら^^;
(ちなみにこのサイトの記述は一年くらい前のなのでぐちゃぐちゃです。汗)

“CSS プロパティの記述順を考える” の続きを読む

Bloglines の美しいスキン

画像 : bloglines skin

Firefoxの火狐のアイコンをデザインされたことでも有名な、hicksdesignさまのJon HicksさんがBloglinesの美しいスキンを公開されています。

これは、FirefoxやSafari、Operaなどで使えるユーザースタイルシートとして配布されており、Bloglinesの見た目をユーザ側で変更できるようになっています。

例えば、Firefox(Win)では、以下の方法でこのスキンを適用できます。

  1. C:\Documents and Settings\(ユーザ名)\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\(任意の文字列).default\chromeフォルダにダウンロードしたbloglines-moz.cssを置く
  2. Firefoxを終了する
  3. 同フォルダ内のuserContent.css(存在しない場合はuserContent-example.cssをコピーしてuserContent.cssにリネームします)を開く
  4. userContent.cssの1行目@charset "utf-8";の次の行に@import url(bloglines-moz.css);と記述して保存する
  5. Firefoxを起動してBloglinesを開く

たったこれだけで、ちょっとイマイチなBloglinesのデザインをこんなにかっこよくできます!
実際各ボタンの位置が変わっていて、(フィードの編集・追加のリンクは下にボタンとしてあります)UIはより洗練されていますね。

また、Safari、Operaの導入方法は、hicksdesignさまの「OS X skin for Bloglines」というエントリで解説されています。Bloglines使ってる人にはオススメのスキンです。

IE 7 のCSSハック


小粋空間さんの記事にて、IE7のみに適用されるハックが更新されたようです。ご注意ください。

各ブラウザのCSSの解釈の違い(バグ)を補正するために、そのCSSのバグを逆手にとって、特定のブラウザに意図したデザインを表示させる裏技(?)である、俗にいう「CSSハック。」

そんなCSSハックは、CSSの記述としては正しくないものもあるため、あまり使わないほうがよいというのが一般的です。(どこまでをCSSハックというのか判断しにくいですが・・・)

しかし最もシェアが高く最もバグが多いブラウザが、ご存知Internet Fucking Explorer。使いたくないと言いつつもCSSハックの利用が必須とならざるを得ないという、皮肉な現状があります。

仕事で利用する機会も多いことので、備忘録としてまとめてみました。

BLOG × WORLD ENDINGさんの記事では、このCSSハックがきれいにまとめられています。

この、CSSバグの宝庫、「真のWEBのお荷物」ことInternet Fucking Explorer 6のメジャーアップデート版、IE7の日本版が先日リリースされ、バグがどこまで修正されたのか、Webクリエイターたちは戦々恐々です。

僕もIE7をインストールしていじってみたんですが、早速IE6とも違うバグがあったので、この解決法を続きにちょこっと紹介してみます。

“IE 7 のCSSハック” の続きを読む

国立大学Webサイトの脱テーブル状況

CSS Nite in Nagoya懇親会CYBER@GARDENさまの益子さんとお話していて思いついたのですが、益子さんの「都道府県の脱テーブル状況」を参考にして、国立大学Webサイトの脱テーブル状況を調査してみました。

2006年9月28日現在。トップページ対象。(ただし、トップページが言語選択ページの場合、日本語ページのトップページを対象とした。)
Webサイトの掲載順序は文部科学省ホームページ国立大学のリンクページにある地区の順を参考にした。

“国立大学Webサイトの脱テーブル状況” の続きを読む