細かい新機能で大きく進化した Keynote ’09

画像 : Keynote '09アイコン

先日Macworld Conference & Expoがありましたね。新しいiLife ’09とiWork ’09の発表に17インチの新MacBook Pro、iTunes StoreのDRMフリー化が発表されました。

普段からPages、Keynote、Numbersを使う僕が注目していたのは新しいiWork ’09。特にKeynoteを使うことが多いので、さっそくフリートライアル版をインストールしてプレゼンを作ってみました。すると、基調講演やAppleの製品紹介ページでは取り上げられていない細かなアップデートのおかげでKeynote ’09はすごく便利になってました。

てことで、あまりスポットライトが当たってない新機能と僕が注目してる機能をピックアップ。

“細かい新機能で大きく進化した Keynote ’09″の続きを読む

RICOH R8 は物撮りむき

3月の終わりにRICOHのR8を購入しました。

WCAN 2008 SPRINGs-style-arts blogのおかださんに最近RICOHがいいよーと勧められたのがきっかけです。はじめは、GX100を勧められたのですが、携帯するのにはサイズが大きいことと、お財布の事情でもう少し安価でコンパクトなものを聴いたところ、このR8を勧められたというわけです。

次の日にでも実物を見に行こうかな、と思っていたらなんと懇親会で前の席だった方がR8を持っていらっしゃって(!)、懇親会のオールのカラオケで散々触らせていただいて惚れ込み、次の日名古屋駅のビックカメラで即購入しました:-) なんという偶然でしょう。

ゴツカッコイイ道具

誰かが言ってたような気がしたゴツカッコイイって言葉が合う本体に、1000万画素CCDにと28~200mmの光学7.1倍ズームを持ち、マクロは1cmまで寄れるという高機能。手ぶれ補正や顔認識などのシーン機能も搭載しています。

気になるところは、他社のコンデジと比べてピント合うのに時間がかかること。使っていればコツがわかるのでそのうち慣れますが、例えば他人に貸して自分を撮ってもらうとにピントが合ってないことが何回もありました。説明しても始めての人には難しいみたいです。[1]

また、カメラの液晶は大きくてすごくきれいですが、どうも撮った直後のプレビューが実際パソコンの画面で見るものよりどっしりと表示されるみたいです。暗いかなと思ってパソコンでみると案外ちょうどよい色だったりします。[2]

画像 : R8で撮った桜

色は、空がきれい撮れる気がします。いいね;-) サイズは他社のコンデジに比べると一回りか二回りくらい大きいですが、僕は逆にこのごつさが気に入っています。

“RICOH R8 は物撮りむき”の続きを読む

  1. というかデジカメを持っていても「シャッター半押しでピント合わせ」を知らない人がいてびっくりしました。 [back]
  2. -0.5EV、±0、+0.5EVの3種で同時に撮れるオートブラケット機能を活用するのもよいかも。 [back]

さようならN900i、こんにちはN705i。

画像 : N705i - amadana black

3年半ぶりに携帯かえました。

ずっとN900i(アークラインのオレンジ)を持ってたんですが、かなり気に入ってて新しいシリーズが出るたびにこれに代わるものを探していたのですがありませんでした[1]。しかしついにドコモポイントの失効期限がせまり、いい加減バッテリがもたなくなってきました;-(

なので、今回リリースされた705iシリーズamadanaとのコラボモデルN705iに機種変更しました。カラーはamadana black。
以前の曲線を意識したオレンジでポップなN900iとは打って変わり、ソリッドでモダンなN705iになりました。機種変して約6時間、思ったことを書こうと思います。

気に入ったところ

画像 : amadanaの取扱説明書

  • うすい
  • OSがもっさりしない(N900iは酷い)
  • 通信速度がかなりはやい
  • 本体の面取りと素材の質感がよい
  • N900iと同様に垂直に立たせることができる
  • 取説の人たちがプリインストールされてて[2]、これが非常にシュール
  • ボタン配置はスカスカに見えて意外と押しやすい位置にあったりする

「垂直に立たせることができる」のは重要だよね! (?

逆にN900iと比べて残念だと思ったところ

  • ニューロポインタがない(やっぱりこのインターフェイスは偉大だった)
  • ゴシック体フォントが汚い
  • 2画面(上半分が返信メールの編集画面で下半分が受信メール)でメール編集ができない!?

まぁ、さっきかえたばっかりなのでボタン配置が違ったりして慣れていないだけなのですが。
残念なところはソフトウェア的なことですね。あ、でもせっかくのコラボモデルならフォントはどうにかしてほしいところです[3]。見にくい・・・

とりあえず、12ヶ月のローンバリューコースで買ったので[4]、2年くらいはソリッドなこいつと付き合いたいと思います。

  1. 一度本体は新しくなってるけどね [back]
  2. yutanpoってやつです [back]
  3. 明朝体にして無理矢理慣れようしています [back]
  4. iPhoneがドコモからでるかもしれない薄い期待を抱いて12ヶ月にしました:-U [back]

Twitter がおもしろい。

WCAN 2007 springの懇親会で、Unknown Qualityさまのyo-sukeさんに勧められて、今ウワサのTwitterを始めてみました。

どんなサービスかというと、「今、何をしているのか」というシンプルなことを伝え合って、ゆるーーくコミュニケーションをしようというサービスです。

簡単にいうと、インスタントメッセンジャー(IM)の「名前@〜」の〜部分(表示メッセージ)に書くようなことを書く、って考えればいいのかな。これらの通知はIMで受信できるので常にWebサイトを開いている必要もありません。携帯からもできます。

一応外国のサービスなのですべて英語なんですが、使ってると英語わかんなくてもなんとなく分かるようになります。詳しくは以下のリンクに詳しいです。

ちなみに自分はMicrosoft Messenger for Macしか常時起動はしておらず、iChatやSKYPEは普段は起動していないので、Twitterrificという軽いアプリケーション(Wedgetじゃないよ)を使っています。

このアプリの便利なところは、ショートカットが充実している点です。

  • Cmd + W – ウィンドウを閉じる
  • Cmd + R – 更新
  • Cmd + 2 – 選択したTweetに”@name”を使って返事する
  • Tab – メッセージ記入欄とTweetのリストを切り替える

よく使うのはこのくらい。特に「Cmd + 2」は記入ミスも防げるしすごく便利。今劇的にTwitter関連のソフトやサービスがリリースされてるので、自分にあったものを選ぶとよいと思います。

これハマると、働いてる人の生産性をおそろしく下げるキラーツールになるかと思われます。僕もしょーもないことをさえずってます(Tweet)ので、興味のある方は友達に追加してやってください。

MONDAINE 腕時計

画像 : MONDAINE

A667.30308.14SBBMondaine Watch Ltd

最近ほしい腕時計その1「MONDAINE」。スイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチということで、赤色の秒針が特徴的で、時計板は視認性に優れている腕時計です。

シンプルなデザインなのに存在感があってなんかカッコいいです。確かに言われてみれば鉄道駅にありそうですね。

モンディーン「スイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチ」は、同クロックのコンセプトを忠実に再現した腕時計であり、その視認性の高さとシンプルで完成されたデザインは、誕生以来15年以上が経過した現在も世界中でロングセラーを記録しています。

輸入代理店?が複数あるのか、ネットの紹介WEBサイトが複数あってちょっと迷いました。お店は時計売り場にもありますが、雑貨店や文房具店でもよく見ました。ぐおー、ほしい。

ちなみにこれは「モンディーン」と読みます。ローマ字で「モンダイネー」ではありませんよ。(実は始めそう呼んでいたのはナイショ;-p)