ありがとう、Steve.

画像 : Steve Jobs

僕は、Macに出会い「一貫性のある、こだわりが見えるデザイン」に気づきました。
僕は、Macに出会えて「モノに愛情をもって接する」ということの大切さを学びました。
僕は、Macを通して、あなたという偉大な人物を知りました。

僕は、あなたのスピーチを聴いて「人生の出来事は繋がりで考えること」を学びました。
僕は、あなたを知って「プレゼンテーション」に興味をもつようになりました。
僕は、あなたのプレゼンテーションを観て、「自分の伝えたい気持ち」が大きなスパイスになることを感じました。

僕は、あなたと、あなたのMacに出会ったことよって、今この立場にいると信じています。
僕は、よいモノをつくるために「自らこだわっていくこと」が重要であると信じていきます。
あなたの会社と全く異なるこの立場で、よいモノをつくりたいと日々奮闘していきます。

一方的ながら、あなたにたくさん学びを与えられました。
ほんとうに、ありがとうございました。どうぞ、安らかに。

気持ちの整理に少し時間がかかりました。
あの朝、虚無感でいっぱいでした。後から考えると、Michel Jacksonが亡くなった、あのiPhoneの発売日と同様に、大きな喪失感を味わっていました。

僕のApple製品との出会いはせいぜい5年くらいなので、大きなことは言えませんが、それでも多大な影響を受けたと思います。これからもApple製品を愛情をもって使っていきます。

最後に、僕が大好きな氏のスピーチを紹介します。まだ観ていない方は15分だけ下さい。このサイトに来てくれている方なら、きっと何かを気づかせてくれるスピーチだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA