GOOD DESIGN EXPO 2010

画像 : GOOD DESIGN EXPO 2010 の様子1

すでに1ヶ月以上前の出来事になりますが、GOOD DESIGN EXPO 2010に2年ぶりにいってきました。関東に住むとイベントに行きやすくなるのがうれしいですね。

今年のメインビジュアルは、ノミネート作品のカテゴリ別の割合の円グラフになっているようです。
アワードの結果は既にこちらで発表されています

気になった作品

大理石のグラス

画像 : GOOD DESIGN EXPO 2010 の様子2

足が木製、コップ部分が陶器大理石になっている和テイストなグラス。陶器かと思ったけど大理石らしい。大理石なんだって。大理石でビール飲むのもアリだなと思う。

おしゃれ電源タップ

画像 : GOOD DESIGN EXPO 2010 の様子3

ELECOMのシャッター付きコンセントflecc。この丸形がおしゃれで欲しいんだけど、ACアダプタのような普通のコンセントより差す部分が大きいものがあるときちんと4つ分ささるだろうか、と少し不安。

妖刀のように艶めかしい包丁

画像 : GOOD DESIGN EXPO 2010 の様子4

ECHIZEN JAPANの「コアレス多層鋼ブレード」という新素材を使ったなんとも美しい模様がある包丁。

けっして包丁についた水をしっかり拭かなかったわけじゃなく、この模様は層になった鋼を精錬して(自然に)できたものらしい。
料理はカタチからがモットーの僕としては、ペティナイフでいいのでぜひ欲しいと思うのだけれど、「他に類を見ない、最高の切れ味」とあるように値段 (PDF)も類を見ない設定。いや、いいものはこのくらいするんですよ。

デジカメもいっぱい

画像 : GOOD DESIGN EXPO 2010 の様子5

ああ、こんなところに僕がほしいNEX-5CX4が。さいきんR8の調子が悪いので、CX4、といきたいだけど、NEX-5にもたいへん惹かれております。

ケータイが人な映像

NTTドコモのブース(というか一角)には、巨大なスクリーンがどーんと配置され、ケータイの映像が定期に流れていました。
ケータイを擬人化、というか、ケータイが主人公のストーリーになっていて、エンドロールに出演者ではなく出演機種の一覧がずらっとでてきます。なかなか面白かったのですが、公開はされていないようなので、Youtubeに投稿されていたものを引用させていただきました。

糸でつながった段ボール

画像 : GOOD DESIGN EXPO 2010 の様子6

金属ホチキス?やガムテープなどを使わず、糸を使って特殊な編み方で接合した段ボール。糸を引っ張るだけで簡単に開梱できる。段ボールの開梱って結構めんどうなので、これはおもしろいアイデアですね。強度もちゃんとあるらしい。

ARが拾えません

画像 : GOOD DESIGN EXPO 2010 の様子7

今回の企画の1つとして、GnGというiPhoneのARアプリケーションと連携したARイベントというものがありました。
この中に、スタッフの背中に印刷されたARマーカーを読み取ろう、というものがあったのですが、スタッフの人はフツーに仕事で歩いてて話しかけにくいし[1]、肝心のマーカーがTシャツのシワで読み取りにくいし、そうこうしているとなんかスタッフの人の雰囲気わるくなるし・・・。おもしろい試みなのにたいへんビミョーな気分になりました;(

スタッフとコミュニケーションをとるのが目的の企画だとしたら、もーちょっとなんとかなった気がします。それが目的でなかったら、ノミネート作品の中にこっそり設置するくらいがいいと思います。

あとは、All About スタイルストアがショップを出していて、作品を実際に買えたりしてよかったです。電化製品はなかったみたいなので、あそこにビックカメラとかヨドバシが出店したら(目的からは離れるけど)結構売れるんじゃないかなとも思いました:)

作品数もフロアも人もあいかわらず多かったですが、今回は時間があったので色々見て回れました。また来年もいきたいなー

  1. こそこそと後ろをつけていって「す、すみませーん・・・」って感じでお願いしてました。。 [back]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA