インストールしているDashboard Widget

画像 : Dashboardのアイコン

Mac OS XにはDashboardという小さなアプリケーション(ウィジェット)を表示する環境があります。

ウィジェットは、ダイナミックHTMLベースのアプリケーションで、アップルのダウンロードページから、色々なものをダウンロードし、インストールことができます。
僕もいくつかダウンロードして入れているのでオススメなものを紹介しようと思います。

いつも表示しているもの

画像 : Dashboardのスクリーンショット

iCal
カレンダーをみるためのプリインストールウィジェット。
辞書
Leopardになって強化された辞書機能のウィジェット版。ちょっと言葉を調べたい時に便利。これもプリインストール。
空模様
天気予報を表示するウィジェット。気象庁のデータを取得するため、プリインストールのWeatherよりも正確、な気がする。
iStat Pro
パソコンの色々な情報を表示するウィジェット。CPUやメモリの情報はもちろん、各部位の温度やファンの速度、ネットワーク情報なども表示してくれる。Wireless Mighty Mouseのバッテリーの残量も表示してくれるので便利。
ミニッツ
簡単なタイマーウィジェット。最近新しくなりました。タイマーは大体はQuickSilverでやってるんだけど、ちょっと時間を計りたいときに使っています。
Dashalytics
Google Analyticsを表示するウィジェット。訪問者数とかLeopardに対応したものの、まだ表示部分が微妙に崩れているのが気になるところ。[1]
getColours
キーカラーを入力すると、そのバリエーションを表示してくれるウィジェット。グラデーションを作りたかったり、似た色を探したいときにすごく便利です。

適宜利用するもの

Web クリップ
Leopardからプリインストールされているウィジェット。SafariからWebサイトの好きな部分を切り取ってDashboardに表示させておくことができます。たまに気になるモノの価格変動を価格.comから切り取って表示させてます。
app update
インストールしているアプリケーションのバージョンをVersionTracker経由で検索し、最新と一致しないリストを表示するウィジェット。一致しないものあるけど、ざっくり調べたいとき便利です。
jQuery Reference Widget
名前のとおり、jQueryのリファレンスをDashboardから検索できるウィジェット。ちょっと調べたいときに使います。バージョンごとに指定できるのもうれしいところ。
fcXHTML reference widget
XHTMLのリファレンスをDashboardから検索できるウィジェット。
SeeSS
CSSのリファレンスをDashboardから検索できるウィジェット。CSSをSeeできるからSeeSSなんだとさっき気づきました;-P
HTML Entity Character Lookup
HTMLで特殊記号を表示するために使われるエンティティを検索できるウィジェット。
iClip lite
クリップボードのデータをストックできるウィジェット。最近はQuickSilverのClipboard Historyを使っているので出番がなくなりました。
単位換算
いろいろな単位換算ができるプリインストールウィジェット。インチからセンチメートルの換算をたまにやります。

僕は画面の解像度的な問題とメモリ使用量を考えて、よく使うもの以外は普段は表示していません。なんか雑然としているのは嫌いだし。デザインやコーディングなどの場面に応じて、それに関するウィジェットにしばらく入れ替えて使っています。最近は論文を書いてるので辞書ウィジェットが大活躍ですね。

以前の記事の終わり方と同じですが、オススメのウィジェットがありましたらぜひ教えて下さい!

  1. スクリーンショットではこのサイトの訪問者数がすこーしずつ増えてるのがわかります:-U [back]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA