フォント制作再開しました

画像 : OTEditでの編集画面

新しいサイトに移転し、心機一転フォント制作再開しようか!と思って早3ヶ月。ついにやっっと再開します。

前回のフォント関連のエントリが2006年12月。1年以上お伝えしてきませんでした・・・。
理由は、あいかわらず超スローペースな制作と、Macに移行したことでフォントを作る環境がなくなってしまっていたからです;-(

ところが先週、OTEdit for Macが2月12日から1.5倍に値上げすると知り、ついに重ーい腰を上げ(主に値段が理由で)購入いたしました。
今後はOpenTypeフォントを制作することになります。

earthwardsは作り直し

なんとOTEditからIllustrator CS2からアウトラインデータをSing 外字ファイルに書き出すことでインポートできるようになりました!

これによって、今までビットマップ画像に書き出したのを読み込ませて(この精度があんまりよくない)、キレイになるようにちょこちょこ修正する、という手間が省かれます。

…ちょうどOpenTypeにするんだし、earthwardsはつくりなおしました。
作業がIllustratorメインになったので、苦労していた記号もできあがり、まだカーニングの調整は必要ですがベータ版でとりあえずリリース、までカタチになりました。

リリース予定

画像 : earthwards Comming Soon!?

フォントファイルはできているので、後はダウンロードできる準備をして、できれば今月中にベータ版ですがリリースしたいと思います。その際ユーザの方から特にカーニング周りや追加してほしい文字あたりのフィードバックをいただけたら嬉しいなと思っています。

あと、前のサイトで公開しているフォント3種[1]ですが、OpenTypeに変換、できるのかな、できたら修正加えてMac/Windows両用で再リリースしたいですね[2]。できなかったらTrueTypeで配布かな。

ということで今度こそ、もう少しお待ち下さい、と言いたいです。

  1. 先ほどかなり久しぶりにダウンロード数を見たら3つで3万DLされていました。びっくりです・・・ [back]
  2. 現在はWindows用となっています。Macでも特に問題なく表示できているようですが。 [back]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA